地元の不用品回収業者にお願いしました

子供の成長とともに不要な品物が増えていき、一気に片付けるために不用品回収をお願いすることにしました

babyshoes

子供が生まれ、新生児から2歳ごろまで、ベビーバスを始め、ベビーベッド、ベビーカーなど、さまざまなベビー用品を使っていました。
ですが、子供が2歳を過ぎる頃になると、ベビーバスなどはもちろん、ベビーカーにも乗れなくなり、不要な品物の置き場に困るようになってきました。
さらに、子供のおもちゃも増え、子供が動き回れるスペースを広げるために、折りたたみベッドや古いパソコン、プリンターなどのOA機器、子供がぶつかりそうなデスクなども片付ける必要が出てきてしまい、「休みの日に一気に片付けてもらおう」と、不用品回収をお願いすることにしました。

全国展開している大手のリサイクル業者に問い合わせたところ、明確な料金体系でわかりやすいが料金が少し高め

まず、インターネットで検索したところ、多くの業者が見つかりました。全国に展開しており、家具も電化製品も、あらゆる品物に対応してリサイクルしてくれて、年中無休の対応が可能な業者もあったため、電話で問い合わせてみました。
ベビーカーに、ベビーバスに‥、と、リストアップした品物を告げると、丁寧に対応してました。その大手の会社は、品目によって全国一律の料金で引き取ってくれるようでした。明確な料金体系でとてもわかりやすかったのですが、少し料金が高く思えました。

地元の不用品回収をネットで検索、全国規模の会社に比べて割安で追加料金もサービスしてくれました

そこで、今度は地元である福岡の不用品回収をネット検索してみました。大手ではありませんが、いくつかの業者が見つかりました。その対応エリアに、ちょうど住んでいるマンションが含まれていたため、早速電話で問い合わせてみました。料金体系は一律でしたが、全国規模の会社に比べて割安で、ベビーバスなどの小さめの品物は無料で引き取ってくれるとのことでしたので、すぐにお願いすることにしました。
そして、空いているスケジュールのうち、一番早い日時で引き取りに来てくれました。電話の際に聞かれなかったので伝えていなかったのですが、住んでいる部屋はマンションの5階で、エレベーターがありません。当日スタッフの方に「エレベーターがないと料金がかかる」と言われてしまいました。慌てて追加料金を払おうとすると、「お客さんが手伝ってくれたらサービスしますよ」と気さくな感じで言ってくれました。もちろん了解し、比較的軽いベビーバスやベビーカーを持って階段を往復すると、感じよく笑って、追加料金をサービスしてくれました。
全国展開の大手に比べると、ホームページもそっけなく、対応時間帯も短いのですが、やはり地元で、身近な回収会社に頼んで良かったと思いました。