不用品の買取についての体験談

中古本の処分に、インターネットの買取サービスを利用することにしました

先日、不用品の買取をネット経由で業者の方にお願いしました。買い取ってもらった不用品は、中古本です。もう読まなくなった様々な種類の本の処分。どうせ処分してしまうのならば、買い取ってもらった方がお得だと思ったからです。もう十何年も前に購入した古く汚れた本もありましたが、たとえ値段が付かないような状態の本でも、一緒に処分してもらえるので、気にせずまとめて申し込みます。
買い取りしてくれるお店が家から離れた場所にあり、数も多くて運ぶのが大変だと判断したため、インターネットの買取サービスを利用することにしました。私が使用しているクレジットカードの会社が、そういったサービスを展開しており、査定金額の結果に応じてポイントまで還元してくれると言うのだから、使わない手はないと思います。

送料無料で買い取ってくれる店舗を探し、本をダンボールに詰め、本人確認の書類のコピーを同封し宅急便で送ります

インターネットで買取サービスをされている店舗を、まずは検索しました。インターネットを経由した取引は、店舗の方へ送る送料などの手数料が発生してきます。そこで、送料無料で買い取ってくれる店舗を選びました。
顔の見えないインターネットでのやりとりですので、本人確認を書類で行わなければなりません。運転免許証や住民票など、他にも色々な本人確認の書類はありますが、私はその中でも健康保険証を選びました。健康保険証の表と裏の両面を、自宅のプリンターでコピーしておきます。そうしてあとは、家にある不要となったダンボールに、中古本を出来るだけぎっしりと詰めて、それを宅配便で店舗の方に送ります。そのダンボールの中に、本人確認用の書類のコピーを同封しておきます。

予想より高い査定で買取してもらうことができ、また一度に処分できたことで部屋の整理整頓をする良いきっかけになりました

すると、たったの一日で店舗の方へ配達され、翌日には担当の方から査定結果報告のメールが送られてきます。査定金額とそれを振り込む日時が記入されているので、確認します。この日買い取ってもらったのは、百点以上の中古本です。中には古くて汚れてしまい、残念ながら値段が付かずに、処分されたものもあると思います。それでも結果は、私が予想していた査定金額より多かったので嬉しかったです。
どうせたいした金額にはならないだろうと、周りからは言われていましたが、思い切ってサービスを利用してみて、私は良かったと思います。家の中でも多くの収納場所を取っていた、もう読まなくなった本たちを、一度に処分出来た事も嬉しいです。こういったサービスの利用は、部屋の整理整頓をする良いきっかけにもなると、実感しています。