不用品回収業者を比較して、回収してもらった体験談

地方自治体と民間の業者のサービスや回収料金などを比較。両方を使い分けて粗大ごみを回収してもらいました

引っ越しをするときに、自宅にあった不用品をすべて処分する必要があり、そこで不用品回収業者を使うことになりました。また、その時に私は地方自治体で回収してもらう方法と、トラックに積み放題という料金設定で回収してくれる民間の業者の料金などを比較をして使いました。
比較をすると地方自治体粗大ごみ券を購入して粗大ゴミを回収は、粗大ごみ券を購入して指定したごみ収集場所へゴミを出す必要がありましたが、民間の業者よりも安い金額となっていてお得感がありました。それに対して、民間の業者は通常よりも料金がかかりますが、大量のゴミを自宅から運び出してくれて、更にトラックに積み放題でゴミの分別も不要というのが良かったです。

そして、色々と考えた結果私は両方使うことにしました。民間の業者の方に見積もりをした時に、自転車を処分をしてもらうとそれだけで2,000円ほど高くなると言われてしまいましたが、地方自治体で処分してもらう場合は、一台当たり750円の料金で済みます。金額にすると500円も違うのです。
なので民間業者に依頼をすると高くなる商品は地方自治体で回収をしてもらって、その他のゴミの分別が難しい物や安く回収してくれる商品は民間の業者を利用しました。

一番安上がりになる方法は地方自治体の処分だが、処分をする手間が大変な部分は民間の業者が便利

地方自治体にゴミを回収してもらう方法は、近くにあるコンビニエンスストアで粗大ごみの回収券を購入して、インターネットから予約を入れて行います。予約を入れることができたら、後は当日の朝の8時までに粗大ごみの回収券を貼り付けたゴミを、収集場所に出すだけで良かったです。ゴミを自分で出すのが大変でしたが、安く処分をしてもらうことが出来てとても良かったです。

また、次に利用した民間の業者は20,000円の金額で、大型トラック一台分手配してもらうことが出来ました。回収当日になると業者の方がスタッフ2名で来てくれて、アパートの二階にある私の自宅から、大きな粗大ごみや家電製品をすべて持って行ってくれました。民間業者を利用する方法は、ゴミを出す手間がないのがとても良かったです。また、ある程度融通がききますし、業者の人の対応もとても良く不用品回収の時には大変助かります。不用品回収業者の方に、子供用の机などを持って行ってもらったのですが、玄関から大き過ぎて出せなかったようでロープを使って窓から出してくれたりもしました。
一番安上がりになる方法はすべて地方自治体で処分してもらう方法だとは思いますが、処分をする手間が大変な部分は民間の業者を使うのもありだと私は感じます。