粗大ごみを捨てる前にリサイクルを考える、粗大ごみをリサイクルすることはエコでおこずかいにもなります。

粗大ごみはお宝だったりするので、ゴミを出さずリサイクルすればお金にもなるし一石二鳥!

引越しや、部屋の模様替え大掃除で、粗大ごみがたくさん出ると思います、そんな時は、すぐに捨てずに、家具だとしたら形を変えればまだ使えるとか、ある部分だけは使えるとか色々出来ると思います。よくよく考えて利用価値なしとなれば、その時にリサイクルに出せばよいと思います。
ゴミを出さずに、お金にもなるし、一石二鳥です。粗大ごみはよくよく見ればお宝だったりするので、リサイクルはするべきです、自分で手を入れてのリサイクルも良しだし、粗大ごみもなんでも買い取りますと、うたい文句のお店に持っていくのも良しです。持っていけないものは、お店側が取りに来てくれます、その時には、どれくらいで買い取ってくれるかを聞いておくと現場で焦らず対応できます。

一年に一回は、自分の持っているもの、家の中の不用品を見直してみましょう

こんな風に今の時代ゴミを出さずに、再利用するエコが推奨される時代です、家の中のものを見回してみましょう。きっと、利用価値のあるもの、お宝な物、例えばプレミアムなおもちゃや、本、DVD、などなど、出てくるはずです。一年に一回は、自分の持っているもの、小物や雑貨、家の中の不用品を見直してみましょう。すると、結構たくさん出てくるはずです。

それを、吟味して今はやりのDIYをしてみたり、例えばチェスト程のタンスを、タンスとしてはガタガタで、洋服の出し入れとして使うのはあんまりよくないとおもうタンスで、もう利用価値がなくなっていても、一番上の引き出しを取り、扉を取り付けて、タンスの上の天板には上下に開閉する板をつけると、もうちょっとした机に早変わりします。取り外した引き出しは、小物や雑貨を置ける棚にも早変わりするので、先ほどの、机の前に取り付けて、板を使って二段棚にすると、どこから見てももう机にしか見えないです。後は自分の好きな色に塗るとか、好きな壁紙を張るとかで、オリジナルな世界に一つの机の出来上がりです。

物が溢れかえっていればゴミも溢れかえっています。お金を掛けず不用品を良く考えて使いまわすことでエコに!

不用品を良く考えて使いまわす事は、とても楽しいエコな事と思います。出来上がったひと品は思い入れのある自分にとって、とても素敵なものになるはずです。今一度、不用品、ゴミ、お蔵入りしてしまっているものを見直して、手作りしていくのも良いと思います。
今は、物が溢れかえっている世の中ですので、ゴミも溢れかえっています、それを逆手にとって、古いものを新しいものに変身させるとても良い機会ではないかと考えます。お金を掛けず、今有るもので新しいものを作る、そして新しくすることでかけがえのないものを手にすることが出来る素晴らしい事だと思います。