引越しなどで出る粗大ごみ、処分方法や料金の相場などわかりやすく説明します。

知っているようで実はよく知らない「粗大ごみとは?」ゴミと不用品回収の実態

個人個人のごみに対する理解の違いで、ご近所トラブルの元にもなりかねないごみ出しルール

私たちが生活する中で、毎日当たり前のように出ているごみ。一部は不要品としてリサイクル業者に回収されていきますが、ごみ出しには地域ごとにいろいろなルールがあり、きちんとルールを守って出すのに越したことはないのですが、一品一品「これは〇〇ごみです」ときちんと明記されている訳ではないので、場合によっては気を付けていても、自分でも知らないうちに間違ってごみ出ししている事もあるかもしれません。そういう個人個人のごみに対する理解の違いで、それこそ、ご近所トラブルの元にもなりかねません。

「びん類」や「かん類」は、たとえばガラス製のびんは当然「びん類」で、プラスチック製のびんは「プラスチックごみ」となりますが、それは素材による分別ですのでまだ分かりやすいかもしれません。ところが、「粗大ごみ」となると、イメージとしては「なにか粗大なもの」というイメージですが、いまひとつ具体的に何を指しているのかよくわからない感じがします。

自治体により「粗大ごみ」の定義は異なる

いくつかの自治体のホームページで「粗大ごみとは?」と検索すると、いろいろな回答が出てきますが、おおむね、生活する中で不要となった耐久消費財で大型のもの、という言い回しをしていることが多いようで、共通する具体的な例では、電気・ガス・石油器具や、家具やスポーツ用品などは粗大ごみとなるようです。

物の種類もさることながら、サイズについての指定も様々です。これは自治体によって本当に様々で、たとえば名古屋市では、30センチ角を超えるものは素材が何であっても大型ごみとみなされるようですが、横浜市では金属類は30センチ角以上が大型ごみで、木製品やプラスチック製品ならば50センチ角までは大型ごみとはみなされないという事です。ですから、小さめの家具などを、一辺が40センチほどの板に解体した場合、名古屋市では粗大ごみ扱いでも、横浜市では通常ごみとして処理されるという事です。

自分の自治体の粗大ごみの定義を理解し、賢くごみ処理をして不要品を処分しましょう

また、各自治体に共通しているのは、粗大ごみの処分には当然ながら費用が掛かる、という事ですが、その費用自体は様々です。引っ越しや模様替えなどをすれば、どうしても、不要でかつ粗大なものが出てくることがあり、やむをえず処分しなければならない事がままあります。ある自治体では、小さいプラスチック製品を、通常ごみとして処理することが可能ですので、たとえば不要になってしまった、ちょっと大きめのプラスチック製の衣装ケースなどは、そのままであれば粗大ごみとして処理費用もかかりますが、細かくバラバラにすれば、通常ごみとして指定のごみ袋に入れて処理することもできます。

それぞれの自治体が、粗大ごみに対してどういう定義を持っているのかしっかりと理解した上で、きちんと所定の手続きをして粗大ごみとして出すもの、不用品回収を業者に依頼するもの、ゴミ処理センターに持ち込むもの、細かくして通常ごみとして出すもの等、賢くごみ処理をして、不要品を処分していきたいものです。

最新記事